採用に関して

専門知識は必要ですか?

必要ありません。少なくとも、選考の段階では考慮しません。相続にかかわる知識は、自宅での学習はもちろん、社内の研修や実務を通じて、身に付けていただきたいと考えています。ただし、新規の相談対応では予測できない幅広い質問に対して、その場で専門家として適切な回答をしなければなりません。民法、相続税、所得税の一般的な知識をお持ちの方は、早期から仕事の幅を広げられる可能性があります。

社内研修にはどのようなものがありますか?

採用後は、150時間を超える税法・実務研修を受けていただきます。
それに加えて毎朝の朝礼でも税務について学ぶことができます。
その他、外部講師を招いた営業研修や特定の専門知識を深める研修が用意されています。

年齢制限はありますか?

特に設けていません。年齢と仕事のパフォーマンスは関係ないものと認識しています。

未経験ですが、大丈夫ですか?

ほとんどの社員が業界未経験からのスタートなので、専門知識の有無は特に問題になりません。前職で、社会人としての立ち居振る舞いや報告、連絡、相談などビジネスマナーがしっかりと身に付いている方は早期から責任あるポジションを任される可能性があります。

子供がいても大丈夫ですか?

子育てをしながら勤務している社員もいます。正社員であっても、残業の心配が要らない時短勤務の制度も用意されています。

パート・アルバイトからの正社員登用はありますか?

しばらくの間はパートとして勤めていただき、子供に手がかからなくなったなど、生活環境が変化したという理由で、本人の希望と能力を考慮して、正社員登用された例もあります。

勤務地、配属部署はどのように決定しますか?

選考過程においてご本人の希望を伺った上で、適性や希望部署の人数等を考慮し、配属先を決定します。ご希望がある場合は履歴書にその旨をご記入ください。

新卒・中途採用の比率はどれくらいですか?

全体の比率で言えば、中途採用の社員が半分以上を占めますが、新卒や資格取得のため勉強をしていて職歴がない、という方も積極的に採用しています。

会社に関して

転勤、部署の異動はありますか?

拠点の拡大や部署の異動に合わせて、勤務する支店がかわることがありますが、いずれも神奈川・東京・埼玉の範囲内です。地方への転勤は原則としてありません。

男女比はどのくらいですか?

男性6対女性4のイメージです。女性にも活躍の場が増えており、積極的に採用しています。管理職は約3割を女性が占めています。

年齢の構成比率はどれくらいですか?

20代~30代の社員が大半を占めています。

仕事に関して

残業は多いですか?

ご自身の仕事の進め方にもよりますが、ある程度は覚悟していただきたいと思います。ただし、残業代は全額支給されます。

土日の出勤はありますか?

確定申告業務の繁忙期(1月後半~3月前半)は土曜日出勤があります。ただし、7・8月に繁忙期出勤分を振替休暇として取得できます。

福利厚生・待遇に関して

資格取得や住宅、通勤などの手当はありますか?

税理士科目、行政書士、ファイナンシャルプランナー、宅地建物取引士など、業務に関わりのある資格を取得された場合、一定額の手当が支給される制度があります。また、住宅手当、通勤手当につきましても支給いたします。

産休・育休制度はありますか?

用意されています。産休・育休後、同じポジションに復帰している社員もいます。

OFFICE

関東一円に広がる
各事務所を紹介

BUSINESS

全国トップレベルの申告件数を誇る
ランドマーク税理士法人

Q&A

よくあるご質問は
こちら